宮城県利府町 マヤナッツ カフェ様

暴れるように伸びていたケヤキの木。見ていてとても苦しそう、とお施主様よりご相談いただきました。
 
写真は2018年11月に初めて伺った時の様子です。
 

この後、3度の剪定と、地下の空気と水の循環を整える環境改善作業(大地の再生)を講座形式で行いました。

そして2021年4月

ビュンビュンと暴れるように伸びていた枝ぶりは細やかになり、ほとんど剪定が必要がない程に落ち着いてきています。
ポロポロと剥がれかけていた幹肌にも艶が出て、元気な様子を見せてくれるようになりました。
 
 
そしてこちらの現場での環境改善作業から2年後。印象的だったのはレンガの石畳にあった泥の膜が消えたことでした。
人が磨いた訳ではありません。循環機能が働くようになったことで、日々の雨風によって綺麗に洗い流されました。
2021年4月の作業では更にこの循環の脈をメンテナンスで改善しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その後、夏や秋の様子をオーナーのT様が送ってくだった写真です。
 
 
 
立派なケヤキと向き合う機会を頂きました。本当にありがとうございます。
 

前の記事

南丹市 透舎-tosya-

次の記事

樹勢回復 舞鶴市 Y様邸