樹勢回復

大切にしている樹木が枯れかかっている、元気がないというご相談をお受けしています。
杜ノ匠ノでは地上部の風通し(風の剪定、風の草刈り)と同時に、
地下の空気と水の循環を整える処置をしています。
こちらでは事例の一部をご紹介します。

ケヤキの木

【宮城県利府町】
暴れるように伸びていたケヤキの木。見ていてとても苦しそう、とお施主様よりご相談いただきました。
写真は2018年11月に初めて伺った時の様子です。
この後、3度の剪定と、地下の空気と水の循環を整える作業(大地の再生講座)を講座形式で行いました。
そして2021年4月
枝ぶりが細やかになり、ほとんど剪定が必要がない程に落ち着いてきています。
幹肌も艶があり、元気な様子を見せてくれるようになりました。

キンモクセイの木

【京都府舞鶴市】
枯れがれしい様子だったキンモクセイの木。虫に葉っぱを食べられ、弱っていたところ、
なんとかならないかとお客様よりお声掛けいただきました。
地下部の様子を確認しようとしたところ、木の周りにはびっしりと防草シート、
そしてそのシートの下には草抑えのためのコンクリートが張られていました。
処置としては、この防草シートをはがし、コンクリートを割り
通気通水のための点穴処置を施しました。
1ヶ月後、様子を見に伺った時の写真がこちらです。
こちらも驚くほどの復活ぶり。新芽がパチパチと立って、元気な姿を見せてくれました。
そして1年後
穏やかに伸びる姿が印象的でした。
風の剪定を行うことで、毎年の剪定量が減ってきます。
施工から4年が経ちますが、ゆるやかな成長で剪定もほとんど必要がないほどに
気持ちの良さそうな姿を見せてくれています。

樹木の移植

coming soon…